美人入浴法

サンプルサイト

温泉には美人効果のあるものは沢山あります。

  • 炭酸水素塩泉(クレンジング効果)
  • 硫黄塩泉(肌の蘇生効果)
  • 硫黄泉(シミ予防効果)
  • PH7.5以上の温泉(クレンジング効果)

 

1 温泉では体を洗うのは入浴してから

美肌効果の高い温泉では体を洗ってから入浴するのではなく、入浴してから体を
洗いましょう!
温泉入浴により、不要な角質や毛穴の汚れを取れやすい状態を作ってくれます。
※ただし、マナーとして汚れている部分はしっかり洗ってから入浴しましょう!

 

2 体は手で洗う

温泉で角質や毛穴の汚れが取れやすいし状態をつくったら、体は手で洗いましょう!
ボディソープや石鹸を手に取って体を洗えばOKです。
既に温泉の刺激を受けているので、タオルでゴシゴシこするのは刺激が強すぎて
肌を傷める場合があります。

 

3 美肌洗顔法

「美人の湯」は不要な角質や毛穴の汚れを取りやすい状態を作ってくれます。
そこで「美人の湯」の力を借りて顔を綺麗にしましょう!

 

浴槽からではなく新鮮な温泉の湯口から桶に取り、そこにタオルを浸し軽く絞ったら
蒸しタオルのように顔にかぶせます。
または、同じく湯口から桶に取った温泉で朝の洗顔のように顔を温泉で洗います。

 

これで顔に汚れを洗う準備が出来たら洗顔フォームでの洗顔です。
手で洗うのは勿論のこと、体を洗うよりさらに優しく、ゴシゴシこすらず触る程度に
洗顔します。
強くこすると毛穴の汚れが元に戻る場合があります。
スポンジで洗顔フォームをよく泡立てて、その泡で洗顔するのもお勧めです。

 

この「柔らか洗顔」を心がけて下さい!

 

※ただし、入浴して肌に異常が出る場合は肌に合わない泉質である可能性が
高いので温泉に顔を付けないでください!
温泉が肌に合わない場合は、首が赤くなる、カサカサになるなどの症状が
現れやすいです。

サンプルサイト

4 「あがり湯」は新鮮な温泉で

温泉には皮膚の表面に膜を作り保護する効果があります。
また、入浴後も温泉成分は肌に浸透します。
このような事からシャワーなどで温泉成分を洗い流したり、水道水(お湯)での
あがり湯はしない方が良いでしょう!

 

あがり湯をするなら温泉の湯口から桶で新鮮なお湯を取り、適温に冷ましてから
肩から掛けましょう!
ただし、賛成船などの刺激の強い温泉は、シャワーなどで温泉を流した方が良いと
思います。

 

5 保湿剤は入浴直後に塗る

風呂から上がると同時に肌の水分は蒸発していきます。
保湿剤を塗る時は風呂あがり後すぐに塗りましょう!
入浴後10分以内に塗って下さい
乾燥肌の方は特に心がけて下さい!

 

 

スポンサー広告

TOPへ