泉質別適応性一覧表

泉質によってどんな病気に効果があるかを一覧にしたものです。

 

泉質 浴用の適応性 飲用の適応性
単純温泉 上記一般的適応症  
塩化物泉

切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

慢性消化器病、慢性便秘
炭酸水素塩泉 切り傷、火傷、慢性皮膚病 慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病
硫酸塩泉 動脈硬化症、切り傷、火傷、慢性皮膚病

慢性胆のう炎、胆石症、慢性便秘、肥満症
糖尿病、痛風

二酸化炭素塩泉 高血圧症、動脈硬化症、切り傷、火傷 慢性消化器症、慢性便秘
含鉄泉(含銅泉) 月経障害 貧血
硫黄泉

慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病高血圧症(硫化水素型)、動脈硬化症(酸化水素型)

糖尿病、痛風、便秘

酸性泉
(含アルミニウム泉)

慢性皮膚病 慢性消化器病
放射能泉

痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆のう炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病

痛風、慢性消化器病、慢性胆のう炎、胆石症、神経痛、筋肉痛、関節痛

 

 

※温泉には上記のような「飲用」による適応性が認められていますが
  ほとんどが保健所による「飲用」の許可をされていないので
  注意が必要です。

 

つまり、保健所の許可がないと温泉を飲用する事は出来ないと言う事ですね!

スポンサー広告

TOPへ