雲仙 小地獄温泉館

 

歴史は古く、享保一六年、(1731年)に湯治場として開かれたことに由来し、かつては吉田松陰も訪れたと言われています。

 

住所    長崎県雲仙市小浜町雲仙500-1
電話番号    0957-73-3273
ホームページ http://www.seiunso.jp/hotsprings/kojigoku

 

温泉データ

 

 

温泉の温度 44.4℃
pH値 3.14 (弱酸性泉)
泉質 単純硫黄泉
効能 神経痛、くじき、慢性婦人病、関節痛、冷え性、糖尿病

関節こわばり、五十肩、疲労回復、慢性皮膚病
筋肉痛、痔疾、きりきず、運動麻痺、病後回復期
動脈硬化症、うちみ、慢性消化器病、高血圧症
健康増進

 

肌にやさしく、「美肌の湯」とも言われています。
源泉の温度が90℃あります。
源泉からのかけ流しで湯量は1日440トン
豊富な湯量で源泉からはパイプをひいて温度を下げ
40℃から43℃のお湯を使用しています。

 

源泉は生き物ですからその日によってお湯の温度も変わってきます。
私が入浴した時は44.3℃だったのでちょっと熱かったですね!

 

温泉の色は乳白色で温泉に入った後はポカポカ状態です。

 

※pH値は実際に測定したものです

 

 

温泉施設情報

 

内湯

 

 

本来は内湯を撮影したかったのですが入浴中の方が多く
プライバシーの関係上、内湯の入り口のみしか
撮影できなかった事をお詫びします。

 

内湯の写真はホームページには掲載されていますので、そちらで確認して下さい!

 

外観

 

 

 

 

 

入浴に関する情報

 

入浴時間 9:00〜21:00
利用料金 大人(中学生以上)420円 

小人(小学生以下)210円
3歳以下のお子様は無料

注意事項

 

 

アクセスマップ

 

 


評価

小地獄谷温泉館は「国民宿舎青雲荘」の所有で
共同浴場として建てられたものです。

 

小地獄谷温泉館は源泉に近い場所にあるので
「国民宿舎青雲荘」のお湯より若干高めに
なっています。

 

自然をそのまま取り入れた温泉なので純粋に温泉を楽しむ事が出来ます。
温泉マニアには欠かせない場所ですね!
まさしく秘湯です。

 

入浴した後もいつまでもポカポカしていて体の芯から温まります。
何だかリピートで行きたくなるような温泉で
私の中にも記憶に残る温泉だと思います。

 


スポンサー広告

TOPへ